2016全日本モトクロス選手権シリーズ参戦レポート 第2戦 関東大会


「夢へ、挑戦は止まない。」

田中教世 2016全日本モトクロス選手権シリーズ参戦レポート 第2戦 関東大会

ご支援頂いている皆様
スポンサー様 各位

Kawasaki Racing Team 所属
田中教世

「田中教世は鬼門の関東大会を総合9位でクリア。次は得意の広島!! 」

16TTRP_r2

2016 MFJ 全日本モトクロス選手権シリーズ第2戦関東大会は、4月16~17日に埼玉県川越市のウエストポイント・オフロードヴィレッジで開催されました。河川敷の限られたスペースにコンパクトに造られたコースは、連続する大小のジャンプやコーナーで変化を持たせたトリッキーなレイアウトが特徴です。天候は土曜日が晴れ、決勝が行われた日曜日は天気が下り坂で、雨はパラついた程度で済みましたが、終日強い風が吹きつけ、砂ぼこりが舞う中でレースが行われました。観客のみなさんにとっても、1日中目や顔を覆って観戦するような悪コンディションでしたが、首都圏での開催ということもあり、公式発表で7,200人の入場者を迎えることができました。

IA1クラスのグリッド決め予選。まずまずのスタートを決めた田中は、オープニングラップを7番手でクリア。前半、後半と二つ順位を落としたものの、出走22台でグリッドには余裕があったことから、田中は無理をせず、9番グリッドから決勝レースに臨むことになりました。

IA1第1ヒート。中段でのスタートから10番手で1周目を終えた田中は、抜き所のないタイトなコース上で10位争いを展開。混戦の中で中盤12番手に順位を落とした田中でしたが、すぐにひとつ順位を挽回すると、終盤立て続けに2台をパスし9位でチェッカーを受けました。
IA1第2ヒート。またしても中段からのスタートとなった田中は、12番手でオープニングラップをクリアするも、序盤に先行するライダーの転倒に巻き込まれ14番手に後退。ここから確実に挽回を図った田中は前半10番手とし、後半更にひとつ順位を上げましたが、終盤ひとつ順位を下げ10位でチェッカーを受けました。

この結果田中は、今大会の総合9位となり、暫定ランキングも前回よりひとつ下げ9番手となっています。開幕1~2戦、トップ争いに加われていないことは、非常に残念ですが、今回もコースサイドからたくさんの応援をいただいたことで、鬼門ともいえる関東を無事クリアすることが出来ました。第3戦以降は得意なコースが続くので、必ず皆様のご期待に応え、喜んで頂けるレースをお見せしたいと思っています。また今大会を前に、九州地方、特に熊本を襲った地震に対し、被害に遭われた皆様にお見舞い申しあげますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。被災地に元気が届くよう、これからも全力で頑張っていきます。

 

IA1 #8 田中教世 (予選9位/決勝第1ヒート9位、第2ヒート10位/暫定ランキング9位)
調子自体は決して悪くなかったのですが、今回のオフロードヴィレッジは過去に4年連続で大きなクラッシュをし、怪我をしていたコースだということもあって、走りが消極的になってしまったのかもしれません。なるべく意識しないようにと心がけてはいましたが、事前練習から無理はするなとか、ここをしっかりと切り抜けるように言われたので、余計に走りが固くなってしまいました。開幕1~2戦、到底満足のいく結果ではありませんが、大きな転倒もなく、無事鬼門を切り抜けたことで、気持ちは前向きです。第3戦中国大会が行われるグリーンパーク弘楽園は、優勝もしたことのある相性のいいコースで、事前テストでもドライと雨と両方経験することができましたし、一ヵ月のインターバルを利用してゴールデンウィーク中も走り込みを行い、調子を戻したいと思います。第3戦も応援よろしくお願いします。

PDFレポート

カワサキレーシングチームレポート

2016 MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第3戦 中国大会は、5月14~15日に広島県の世羅グリーンパーク弘楽園で開催されます。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください